Amazon echo(エコー)が家にやってきた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

どうもです、古富屋です

Amazon echo(エコー)を購入しました

こういう新しいガジェットは試さずにはいられない・・・

ガジェットとは

直訳すると『目新しい電子機器』ですが

要は単なる大人のおもちゃです

プラモとかそういう感じの(笑)

定価は税込みで11,980円ですがセールで4,000円オフの7,980円

まあ飲み会2回分ってとこで。手軽なのもAmazon製品のいいところですね

ということで購入しました

そもそもAmazon echoって何?

Amazon echoとは何かといいますと

『Alexa(アレクサ)』という人工知能を搭載したスピーカー

です。

「アレクサ!今日の黒倉の天気は?」とか

「アレクサ!次はいつ雪降る予報?」とか

そういう質問をすると

スマホで調べなくても喋って教えてくれます

ニュースを読み上げてくれたり

ちょっとした雑学的な質問なども答えますねー

AIなのでこちらが喋ったことを学習してゆきます

より自分の考えにあった最適な答えを次第に出してくれるようになるわけです

必要なのか?といわれれば、まあ大人のおもちゃ

プラモみたいなもんです

二度言いました(笑)

一番機能として強いのは音楽性能で

Amazonプライム会員が無料で使用できる音楽クラウドから

曲を引っ張ってきてくれます

曲数は100万曲くらい、月額380円プラスすると4000万曲に増えます

ただ、ジャニーズやミスチル、サザンなどの超メジャーどころなど

著作権が厳しい事務所所属のアーティストは中に入っていません

双方向の会話はできない

たぶんないだろなーと思っていたのが

『echoのほうからしゃべりかけてくる』ってところで

やっぱりそういう双方向の会話は成立しません

ま、8000円でそんな機能求める方がどうかしてます(笑)

日本語をしゃべる能力はいまいち・・・だ

日本の地名の誤読が多いですね

例えば松之山黒倉を「まつのやまくろそう」とか言ったり

広島市安佐南区安東を「ひろしましあさみなみくあんどう」とか

正解は

松之山黒倉→まつのやまくろくら

広島市安佐南区安東→ひろしましあさみなみくやすひがし

なんですよねー

これ、たぶん他にもいっぱいあると思われます(;’∀’)

家電製品との連携ができる

照明機器やエアコン、テレビなど

家電製品とechoは連携できます

例えば

「アレクサ、テレビつけて」とか

「アレクサ、音量一つ下げて」などなど

スマホアプリを使えば外からも遠隔操作もできるので楽しそうです

海外では家電製品そのものに

アレクサに対応できるシステムを搭載してるものもすでにありますが

日本ではまだありません

ただし

一つハブを噛ませることで操作ができるようになります

それが

ラトックシステムという大阪市にある企業が開発した『RS-WFIREX3』です

簡単に言うとマルチリモコンでして

echoとRS-WFIREX3をWiFiで接続し

echoからきた音声命令をリモコン操作に変換

そしてあらかじめ登録した家電のリモコンとして

赤外線で各家電製品に命令を伝送するわけです

日本に対応した家電製品がないなら

連携できる装置作ろう!

という発想がやっぱり転んでもただでは起きない大阪

さすがのアイデア力、ですよね

これも面白そうなので

今度試してみようかと思ってます(笑)

それにしても

日本の家電メーカーの

決定的に弱いというかプライドが高いところというか

それは

いまのこのマーケティング状況でecho対応の家電を作るんじゃなくて

echoに対抗するAIスピーカーを作って

それから対応する家電を作って販売してしまう

という点にあります(;’∀’)

で、中国や台湾、韓国辺りのメーカーに先を越されて結局負ける

いつもの後手後手パターンです

既にソニーが

対抗するスピーカ作って販売してますね

Amazon echoの20倍の価格設定で(;’∀’)

Xperia hello

ONKYOあたりはまだ良くて30,000円くらいの価格で出してます

ONKYO P3

でもまあ、なんかこう

世界的な流れから逆行した商売してるよなあ・・・(;’∀’)

AIの未来

今のところは人間様が主、AIが従という壁がありますね

個人的には両者が同じラインに立つことこそ

AIのそもそもの本質かなーとか考えてまして

技術者はきっとそういう目線で開発してるんだと思います

AIが人間を超える時代がくるのか?

思考スピードや場合の数といった確率計算能力では

将棋やチェスの勝負でもわかる通り・・・ですが

要はもうちょっとなんというか

思考を行い、歴史を作る能力っていえばいいのかな

それはAIには現時点ではない

そこまで来るともうSFの世界ですね(笑)

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする