この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大手小売業の被災地支援を見て・・・

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のニュースに

素早くおにぎり数万個…コンビニやスーパーの被災地支援

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150913-00000027-asahi-soci

私が17年前
旧ジャスコに入社して習った小売業の意義は
『全国津々浦々、誰もが良い品を安く買っていただくこと』
だったんです

入社して2年後、転勤した店舗で
初めて売場主任を任された時は
「ええか横山。ここは今から横山商店や。お前がしっかり切り盛りして
いつでもお客さんに喜んでもらえる売り場を作れ。それがお前の仕事や!」
とスーパーバイザーにいわれ
責任と楽しみに心震えた事を今でも鮮明に覚えてます

今小売業は飽和状態にあり
厳しい環境にあるとは言われているますが
試行錯誤の年月を重ね
万が一の緊急事態には
こうした素早い支援網が構築されるようになった

これはやはり小売業が成し遂げたひとつの功績だと思います

やっぱり誇り高い仕事なんだな・・・と再認識したニュースでした

この記事に『いいね!』⇒

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『よこのやまぶろぐ!』をフォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です