小正月行事。どんど焼き、そして婿投げ・すみ塗り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

どうもです、古富屋です

年末年始から小正月にかけて

呑み過ぎ食べ過ぎ

今週はその疲れがどっとでたらしく

お酒も飲まずにおとなしくしておりました(笑)

内容がちょっと遅いですが

ようやくブログ書く元気が出てきました(;’∀’)

14日と15日に行われた小正月行事の話です

小正月行事 in 黒倉!

まずは住んでいる黒倉集落

どんど焼きが1月14日に開催されました

故郷の広島では

『とんどまつり』と呼ばれており、各地で行われています

でも新興住宅地などではやらないところがほとんどで

昔からある神社などが代表してやっているって印象です

子供の頃は町内に神社があって

集まってやってましたけどね~

住んでいる黒倉集落では

こんな感じで勢いよく燃えました(#^^#)

今年は大豊作、間違いなし!

この後なんと

その場でむこ投げされました(#^^#)

黒倉バージョンです(笑)

ホント、びっくりしたんですが

嬉しかったなあ。。。

婿投げ・すみ塗り in 松之山温泉!!

そして15日。

この日は湯本で婿投げが開催される日

婿投げとは・・・・???

松之山のWEBサイトから抜粋しますと

むこ投げは、江戸時代から松之山天水越に伝わる小正月行事で、昔は観音様の祭りにあたる一月十七日に行っていました。
天水越では村の娘を嫁にもらった他の村の婿が、嫁同伴で藪入りの初泊まりに来ると必ずこの洗礼をうけました。
この朝、村の若者が集まって婿を村はずれの観音堂に背負って行き、みんなでお神酒をいただいてから婿を胴上げし、四、五メートルもある崖下の雪の中へ投げ落とすという荒っぽい行事です。
この行事は嫁を追い出すことを禁じたとも言われ、また略奪結婚の名残でよそ者に村娘をとられた若者の腹いせが形を変え残ったとも言われています。現在は、松之山湯本の松之山温泉街 薬師堂にて行われています。

という行事。

今年は3組の方が投げられることになっていたのですが

皆さんを投げ終わった後、なんと!

番外編で投げていただきました!!!

photo by 津端康裕

photo by 十日町市観光協会松之山事務所

いやー。。。嬉しかったなあ

2回も投げてもらえるって

ひゃーーー。やれうれしや!

黒倉と湯本の皆さんのお心遣いに

夫婦共々感謝いたしております

本当にありがとうございました。

最後に湯本のすみ塗りにて

右に写ってる熊は

GINZA of Matsunoyama。。。。

そう

Kurokuraに出没している熊だそうです

撃たないでね(笑)

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする