この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小正月行事、塞の神

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもです、スーパー二日酔いがようやく治った横山です笑

小正月行事に参加してきました!

15日は湯山

20160115_062214000_iOS

20160115_091220813_iOS

本日16日は黒倉

20160116_045251315_iOS

20160116_045829672_iOS

20160116_045935000_iOS

湯山は14時に準備、18時に火入れ

黒倉は9時に準備、14時に火入れ

と、集落によって実施日、時間はまちまちです

どんど焼きに使う賽の神さまも作り方がそれぞれ違うのが印象的でした

いやーーーー

しかし湯山では呑み過ぎました

賽の神さまを焼く前にお神酒をいただくんですが

みなさんおかわりしまくりで(笑)

お神酒をコップで7杯呑んだのは人生で初めてです

終わった後集会所でさらに呑みあげるし

これだけすさまじい二日酔いになったのは久々だわ

翌日の黒倉ではやや元気なく(;’∀’)

でもしっかりお手伝いしましたよ~~

集落のみんなが集まることの大切さ

都心部ではダイオキシンがどうだのでやらない地域もあるそうですが

やっぱりこういう節目ごとの行事は大事だと思います

地元の広島でも

新興住宅地などではやっていないですし

そういう場所はそもそも横の繋がりがものすごい希薄です

でも、子供のころはどんどとか普通にあったんですよね~

いつの間にか。。。何かが大きく変わってしまった

なにかこう

日本人は大切なものを忘れかけているって。。。

なんとなく松之山にきて感じる

昔からの伝統行事を絶やさないように取り組む

伝え残し、それを受け継ぐ事の意味を考えさせられますね

この記事に『いいね!』⇒

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『よこのやまぶろぐ!』をフォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です