この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツールド妻有のコースを走ってきました!

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもです、横山です

ひとまず台風一過?しかし3つ同時ってすごいなあ・・・

最高に楽しい自転車イベント

ツールド妻有

というサイクルイベントご存知でしょうか?

自転車好きな方には有名かもしれないですね~~~

毎年開催されているイベント!

今年は8月28日に行われます。もうすぐです!!

テスト走行

実際に走ったことがないので

実は先週の土曜日にコースを走ってきました!

やっぱりどんなコースか気になりますよね~~~

あ、でも私は当日は走りません(;’∀’)整備ボランティアで参加をして

どんな運営方法なのか勉強してきたいと思ってます

走ってみようと思ったのは

最長コースの120㎞!

coursemap2016

ぱっとみ

地図は平面にしか見えないので

120キロ?なんとかなるだろ!

と思うのですが

画像下にある標高グラフをよーく見ると・・・・

すっごいんですよ

・・・・標高差が!

なんと全コース累計標高差が2000mにもなるという(;’∀’)

まあそれでも結構走ってたし

なんとかなるだろっ!というただの勢いでチャレンジ(笑)

朝7時30分にミオン中里という温泉施設からスタート!

最初はこんな元気な顔(笑)

20160819_220608834_iOS

必ず用意した方がいいもの

長距離ライドで必要なものを列挙しときますね

①水分・塩分補給

人間、水分がないと走れません

ロードバイクにボトルゲージは必ず装着し

ペットボトルもしくはボトルにドリンクを入れておくようにしましょう

大抵のロードバイクは2つ取り付けできるので

2個装着しておけばいいかもしれません

後、塩飴ですね~

ドリンクは各地点にあるエイドステーションで補給できます

②修理キット

タイヤチューブ

タイヤレバー(タイヤをホイールから外す道具)

ポータブルボンベ(瞬時に圧縮された空気が入り、適正な空気圧まで入れてくれる優れもの。使い捨てです)

は持っておきましょう

走っていてよくあるのが『パンク』

なのでパンク修理のキットは持っていたほうが無難です

ただし

ロードバイクのタイヤはかなり細く、内部の空気圧が非常に高いので

穴をゴムでふさぐ修理はあまりお勧めしません

(ま、そもそもコース上ではそんな修理なかなかできないですが・・・)

すぐに修理箇所が破れることがあるので

パンクしたらチューブそのものを新品に取り換えるようにしましょうね(#^^#)

③時刻が分かるもの

腕時計でも構いませんし

サイクルコンピューターを装着してもいいかもしれません

時間を考えながら走らないと

ゴールに間に合わないかもしれません

ゴール最終は17時です!

④非常時の連絡先

ツールド妻有のWEBサイトで公開していますので必ず確認を!

リタイヤ時に自転車を回収にきてくれます

ブランクが開いていてかつ日ごろのトレーニングを全くしてない人

とか

初心者さん

リタイヤの可能性かなり高いコースです

いつでも電話できるよう、小型の充電池もあったほうがいいでしょう

⑤救急ケア

絆創膏

虫刺され用の軟膏

消毒液

あたりは準備しておいた方がいいと思います

修理キットと救急ケア用品、充電池などは

サドルバッグに入れておくのが楽でいいです

こんな感じ↓

20160822_224701521_iOS

リュックという手もありますが

なるべく体に余計なものは装着しない方がいいです

せいぜいウェストバッグくらいにしといたほうが・・・

さて、では実際に走ってみる

残念ながら

私は120キロ走行は断念しました(;’∀’)

途中で90キロコースに切り替え

普段トレーニングしてないとやっぱだめですね

特に歳いっちゃうと(´;ω;`)ウッ…

写真があれば良かったんですが

そんな余裕もなく(笑)

順番に列記しておきますので参考にしてください

coursemap2016

①~⑦までの地点

清津峡方面へ向かうルートです

アップダウンはありますが

まあそれほどしんどくないコースです

ここまではまず問題ないと思います

水分補給だけは忘れずに!

⑧~⑨の地点

最初の難関

ものすごい上り坂です。凄まじいです

また林道に入るので道があまりよくありません

パンクに十分注意!

峠を登り切ったところにある

エイドステーション『坪山峠AS』

で食事と体力回復に時間を使った方がよいと思います

ここを通過して

次の松代に到着するのが早い人なら午前11過ぎ

遅い人であれば14時くらいにはなりますねー・・・

まあ、レースじゃないので焦らず自分のペースで!

⑩~⑫の地点

おそらく全コースで最初に心が折れるコースです(笑)

道の駅せんだから松代方面へ抜けるにあたって

これまたものすごい上り坂があります

通称『ガリガリ君の坂』なんだそうです(笑)

坂を登り切ったところのASでガリガリ君がもらえるから(笑)

今年もあるみたいですよ~~(#^^#)

ちなみに私はこの地点で足をつってしまい

松代に入る前にかなりの時間ロスをしてしまいました(;’∀’)

足が曲がらなくなったんですよ、まじで(笑)

120キロコース断念した原因です・・・・

それと注意は『トンネル』です

この地点はトンネルが連続しており、かつ車もかなりのスピードで走ってます

おまけにトンネル内部が非常に暗いので

入ると急に視力を奪われる危険性があります

道も良くないので

十分気を付けてください!!

⑬~⑯の地点

すいません、トレーニング不足で断念しました(;’∀’)

車で行ったことありますがすごい坂があります(笑)

120キロコースのみのこの部分

13時までに入らないと、強制的に閉鎖されます

⑰~⑱の地点

森の学校キョロロ、美人林があるこの地点

松代~松口~五十子平に抜ける道があるんですが

これがまたものすごい坂です・・・・

ものすごい坂です・・・・

エリア全体が上り坂です!

エリア全体が上り坂です!!

繰り返しました(笑)

終盤でこれはないだろ~~~ってな坂(笑)

⑲~ゴール

ここは問題なく走れます

疲れてなければですが(笑)

ポイントは『坪山峠』

走って分かったのは

ポイントは序盤の山場『坪山峠』です

この地点でいかにきちんと食事と休憩ができるか?

にかかってます

時間を気にしてしっかり体力回復をせずに出発すると

松代に抜けるまでに疲れ切ってしまう可能性が大(;’∀’)

後でつらいことになりますよ~~

休まないとケガの原因にもなりますので!

こんな感じになる(笑)↓

20160820_074941986_iOS

とりあえず完走はしましたが・・・・

完全に日ごろのトレーニング不足(笑)

では本番28日でお会いしましょう!

私は走りませんけど(笑)

この記事に『いいね!』⇒

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『よこのやまぶろぐ!』をフォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です