除雪を如何にして楽するか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

どうもです、古富屋(ふるとみや)です

(広島の横山家の屋号です。こっちで名乗らせてもらっています)

超久しぶりの投稿です(笑)

Facebookはほぼ毎日更新してるのですが

どうもこうSNSでの交流が活発に図れる分

ブログがおろそかになってました

地域の方からも『もっと更新してほしい』

とありがたい言葉を頂戴しました

ありがとうございます

極めつけは

広島にいる息子から『なんで更新せんのじゃぼけ』

とお叱りの言葉をもらった事も大きいですね(;’∀’)

見とったんかお前(笑)

頑張って更新します、ぼちぼちじゃけど(笑)

除雪

復活最初の話題は何といっても除雪ですね

昨夜から10センチくらいですが積雪がありました

累計積雪深は1m超えた?かな?

今朝も居住する黒倉集落にも

早朝5時ごろ除雪車が作業に入る状況

広島からきた私からすると見たことない風景

まあ、移住して3年目ですしもう慣れましたが

除雪の私の信条は

『如何にして時間とお金をかけずに、かつ楽に終わらせるか』

これにつきます

正直時間がもったいないわけです

雪国に住む以上雪との関わりは絶対にあるわけで

超近代兵器『投雪機』を持っていない分

時間を有効に使うためには・・・工夫するしかない

で、やはりというか何というか

落ち着いたのが

『一に早起き、ニに水、三四が無くて五に水だ』

ってことです

当たり前の結論でした(笑)

朝5時前に起きて雪を道路に持ってゆけば

ブルが根こそぎ持っていってくれる

あれは気持ちいいですね

してやったり感で胸が一杯になります

その後は水をしっかり流して自動的に融かす

この融雪水は毎年試行錯誤してまして

あれやこれやと改良を加えているのですが

今年は

家の裏にある井戸から1本

田んぼの畔を掘り崩して水道管パイプを敷設したのが2本

水路の升の水を土嚢で堰き止めてパイプを敷設したのが3本

計6本のパイプを家の周りに張り巡らせています

無論、地権者の許可はいただいていますよ(#^^#)

で分かったこと

田んぼから引っ張っている水はちょっとまずいですねー

水面が雪で押されて水が入り込む容積が減少するみたいですね

このようにちょろちょろしか出なくなって来てます

もう雪で見えなくなってますが、家の下は池なんですよ

自然落下で落ちてきた雪を融かす予定がこれではまずい・・・

一方水路の升から取水した方は

どくどく出てます

我が家は除雪車が通る道路から玄関までが20mくらいあるので

これは上手くいってます

しっかり出ている方の水を

さらにパイプでつないで融雪池に落とすしかないですね~

この試行錯誤が面白い(#^^#)

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする